スポンサードリンク

Base クエリーとSQL文は表裏一体。

Base にはクエリーという機能があります。クエリー(query)はデータベース管理システムに対して、問い合わせ(検索、追加、更新、削除など)を行ないます。

Base や Access などのデータベースアプリケーションでは、GUIで視覚的に作成したクエリーを保存しておいて、何度でも実行することができます。

クエリーをデザインすると、SQL(Structured Query Language)文が自動的に作成されます。逆にSQL文でクエリーをデザインすることもできます。この二つの関係は密接で切り離せないものです。


【1】Base を起動して、「sampleDB070.odb」を開きます。

Base-19.gif


【2】クエリーを開くと、「Q01Prefecture」が作成済みです。

Base-20.gif

この Q01Prefecture は OpenOffice.org 初心者入門講座 で作成したものです。作り方はそちらをご覧ください。


これからクエリーを編集しますが、保存はしないでください。

【3】「Q01Prefecture」を選択し、「編集」ボタンをクリックします。

Base-22.gif


【4】クエリーのデザインビュー(画面)が表示されました。「並べ替え」が「昇順」になっていることを覚えておいてください。

Base-27.gif

*昇順なので「1 北海道 → 47 沖縄」の順になります。


【5】「デザインビューのオン / オフ切り換え」ボタンをクリックします。

Base-24.gif


【6】SQL文が表示されました。

Base-25.gif

デザインビューでクエリーを視覚的に作成すると、裏方でSQL文が自動的に作成されます。


【7】SQL文の最後を ASC から DESC に変更します。

Base-28.gif

*DESCは降順という意味


【8】もう一度「デザインビューのオン / オフ切り換え」ボタンをクリックします。

Base-29.gif


【9】クエリーのデザイン画面に戻りました。「並べ替え」が「降順」に変わっています。

Base-30.gif

SQL文を直接書くと、それがデザインビューに反映されます。つまりクエリーとSQL文は表裏一体なのです。


【10】「クエリーの実行」ボタンをクリックします。

Base-31.gif


【11】降順に設定したので「47 沖縄 → 1 北海道」の順になりました。

Base-32.gif


【12】確認したら、クエリーを閉じてください。

Base-33.gif


【13】変更は保存しないので、「いいえ」ボタンをクリックします。

Base-34.gif


Base や Access などで完結するシステムを作る場合は、クエリーをデザインするだけで済みます。SQL文の知識は必ずしも必要ではありません。

しかし Java や PHP など、他のプログラミング言語からデータベースを操作する場合は、プログラムの中でSQL文を組み立てて発行します。そのためSQL文の知識が必要になってきます。

今の段階では、SQL文の詳しい意味はわからなくてもよいのですが、クエリーをデザインする時に、どんなSQL文が作成されているか見る習慣を付けてください。あとできっと役立ちます。

スポンサードリンク






OpenOffice.org Base 初心者入門講座TOPへ