スポンサードリンク

Base データベースを登録する。

Base でデータベースウィザードを使って、新しいデータベースを作成した時には、OpenOffice.org(または StarSuite) への「データベースの登録」は自動的に行われます。

しかし既存の odbファイル をダウンロードして入手した場合などは、データベースを手動で登録する必要があります。

データベースの登録は、Base 起動後にメニューの「ツール → オプション」から設定することができます。

OpenOffice.org にデータベースを登録すると、OpenOffice.org の Calc や Writer からデータベースを参照することができます。この機能を「データソース」と言います。

データソースを使うと、データベースのデータを Calc や Writer へ挿入したり、差し込み印刷することができるので便利です。

データベースを登録しなくても、 odbファイル は使うことができますが、他のアプリケーションと連携できると用途が広がるので、手順を説明しておきます。


【1】Base を起動して、「sampleDB070.odb」を開きます。

Base-15.gif

* Calc や Writer からも登録できます。


【2】メニューから「ツール → オプション」を選択します。

Base-16.gif


【3】ダイアログボックスが表示されたら、「OpenOffice.org Base」(または StarSuite)から「データベース」を選択すると、登録されたデータベースの管理が行なえます。

Base-03.gif


【4】新しくデータベースを登録する時は、「新規作成」ボタンをクリックします。

Base-04.gif


【5】「検索」ボタンでデータベースファイルを指定します。「登録名」が自動的に表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

Base-05.gif


【6】「sampleDB070」が登録されました。

Base-06.gif

ファイルの場所や登録名を変更したい時には、このダイアログボックスの「編集」で行なえます。また登録を「削除」しても、 odbファイル自体は削除されませんので安心してください。


【7】データベースを登録すると「データソース」から利用できるようになります。

・Calc の例
Base-18.gif

テーブルのデータを挿入した様子
Base-17.gif

テーブルだけでなく、クエリーのデータも利用できます。またデータソース画面で、データベース上のデータを追加したり、更新することもできます。


スポンサードリンク






OpenOffice.org Base 初心者入門講座TOPへ