スポンサードリンク

Base クエリーで性別を表示する方法。

今回は Base のクエリー機能を使って、性別を表示してみましょう。

・「T04Customer」(顧客マスター)には、性別に関する番号が保存されています。
・「T05Sex」(性別マスター)には、番号と「男」「女」という文字が保存されています。

Base-104.gif

この顧客マスターと性別マスターを関連付けることで、顧客マスターに文字で性別を表示することができます。

要領はクエリ Q02City で都道府県名を表示した時と同じです。


【1】Base を起動して、「sampleDB070.odb」を開きます。

Base-83.gif


【2】クエリーを表示します。

Base-84.gif


【3】「デザイン表示でクエリーを作成」をクリックします。

Base-85.gif


【4】テーブル「T04Customer」(顧客マスター)を追加してください。

Base-86.gif


【5】以下の図の順番でフィールドを選択します。

Base-87.gif


【6】「クエリーの実行」ボタンをクリックします。

Base-88.gif


【7】クエリーの実行結果が表示されました。

Base-89.gif

しかしこれでは性別が分かり難いです。性別を文字で表示するように、クエリーのデザインを変更します。


クエリーのデザイン画面に戻します。

【8】メニューから「表示 → プレビュー」をクリックします。

Base-90.gif

*プレビューのチェックを外す


【9】「テーブルまたはクエリーの追加」ボタンをクリックします。

Base-91.gif


【10】テーブル「T05Sex」(性別マスター)を追加してください。

Base-92.gif


【11】マウスで ドラッグ&ドロップ して、「SEX_CD」同士をつなげます。

Base-93.gif


【12】以下の図のようにフィールドを選択してください。

Base-94.gif


フィールドの順番は、簡単に入れ替えることができます。

【13】フィールド上部をマウスで ドラッグ&ドロップ すると移動できます。

Base-95.gif


【14】フィールドが移動しました。

Base-96.gif

クエリーのデザイン画面でフィールドを移動する方法は、よく使いますので覚えてください。


【15】ついでに「CST_CD」の並べ替えを「昇順」にします。

Base-97.gif

*レコードは番号順に表示されるとは限らないため


【16】クエリーを実行すると、性別が文字で表示できました。

Base-98.gif

このほうがわかりやすいですね。


ここまでの作業を保存しましょう。

【17】「保存」ボタンをクリックします。

Base-99.gif


【18】クエリー名に「Q04Customer」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

Base-100.gif


【19】保存したらクエリーは閉じてください。

Base-101.gif


【20】データベースファイルウィンドウに、「Q04Customer」が表示されています。

Base-102.gif


【ワンポイント】

今回のクエリーは、以下のようなSQL文になります。

Base-103.gif


スポンサードリンク






OpenOffice.org Base 初心者入門講座TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。