スポンサードリンク

Baseは無料のデータベース管理システム。

Baseは無料で使えるデータベース管理システム(DBMS)です。

無料オフィスソフトの Apache OpenOffice や LibreOffice にデータベース機能として含まれています。

Baseは標準では HSQLDB というデータベースを利用します。

大事な点ですが、Base自体がデータベースというわけではなく、
あくまでデータベース管理システムなので、HSQLDB 以外のデータベースも使えます。

無料で使える統合開発環境としては、
個人ユーザーならBaseで十分だと思います。

テーブル、クエリー、レポートなど、よく使う機能はしっかり揃っているし、
もし必要な場合は、Basicでプログラミングも可能ですから。

仕事で使いたい企業ユーザーなら、
データベースのフロントエンド(クライアントまたは窓口)としてBaseを使い、

データベースにはもっと高機能な MySQL や PostgreSQL を使う手もあります。

有料でも良いなら、Oracle Database や Microsoft SQL Serve という選択もありかも。

高機能なデータベースには、やはりそれなりのメリットがありますから。

性能、スピード、信頼性、保守管理、セキュリティ対策、バックアップなどの面で。

またBaseは、Microsoft社のAccessをはじめ、他のデータベースに接続することもできます。

Excel形式にも対応しているようです。

JDBCやODBCで接続できるものなら、ほとんど接続OKです。

私はAccessもBaseも使っていますが、
さすがに使いやすさや情報量で言うと、Accessのほうが完成度が高いです。

クエリーやフォームの使い易さ、作りやすさ、プログラミングのし易さは、
まだまだAccessが上かなと思います。

でもお金をかけたくない個人ユーザーや中小企業が、
IT化のために試験的にデータベースを導入してみるなら、Baseも十分ありですよ。

データベースの効果やメリットを実感してから、

より高機能なMySQLやPostgreSQL、あるいは有料のデータベースを検討してみると良いでしょう。

ps:
MySQLは条件を満たしている場合、無料で使えることもあります。

スポンサードリンク






OpenOffice.org Base 初心者入門講座TOPへ